FRENZ 2018で上映しました作品におきまして、意図しない形での楽曲の利用があった旨のご連絡を楽曲制作者様より頂きました。

FRENZでは作品を出展して頂く際に、第三者の著作物を利用する場合は必ず出展者の責任の下で全ての利用許諾を得る事が必須となっております。
また実行委員会側でも第三者の著作物が確認された場合は正しく利用されているか可能な限り確認を行い、不適切な形での利用と判断した場合は都度対応をお願いしております。
しかしながら、その甲斐なく本件が発生しましたこと誠に残念に思います。

本件を踏まえ、今後開催するFRENZでは出展者の方々へより一層の注意喚起を行うと共に、第三者の著作物を利用する場合についての啓蒙を行っていく所存です。
今後FRENZへの出展を検討されている方で著作物に関してのご質問やご不安な事がありましたら遠慮なくFRENZ公式サイト上にあります問い合わせフォームよりご連絡ください。
この他にも様々な方法を模索し、作者の皆様やクリエイターの皆様が少しでも安心できますよう全力を尽くしてまいります。

今後FRENZへの出展を検討されている皆様へ改めてお願いです。
楽曲をはじめイラストや写真など全てがそれを作られた方の著作物であり、利用するにあたっては必ず利用条件を確認し、必要に応じて許諾を得なければなりません。
昨今では様々な形での利用を推奨して無償で公開されている場合もありますが、その場合でも必ず作られた方が定めたルールを遵守する必要があります。
今作られている作品、そしてこれから作られる作品にて著作物を利用される場合は作者の方の考えや思いを尊重し、許諾を得て正しくご利用くださいますようお願い申し上げます。

今後ともFRENZをよろしくお願いいたします。